住宅購入に関するよくある質問‐回答

契約後によくある質問

持分比率はどのように決めたらよいのか?

一般的には、共有名義で不動産を取得した場合、出資比率に応じて持分を決めます。
例えば、夫婦で購入した場合、出資比率が2:1だった場合は、2/3と1/3の持分比率となります。
しかし、ケースによっては出資額がはっきりしていないこともあります。共働きで、どちらか一方の収入は貯蓄をして、もう一方の収入を生活費にしていた場合などです。
このケースは、所得で按分することになります。つまり、口座の名義の問題ではなくどのように頭金をつくったかということです。
もし、頭金が全額主人の口座から出したとしても、年収が夫600万円、妻300万円で今後も一緒に返済していくという場合、年収の比率で分ければいいわけです。

住宅購入前の無料相談予約・物件探しサポート予約