住宅購入に関するよくある質問‐回答

契約後によくある質問

元利金等返済と元金均等返済の違いとは?

元利均等返済とは、毎月決まった金額を返済し、一定額の中で元金と利息の割合が変わっていきます。当初は利息の支払いに充てられる割合が多くなるので、元金の減りが遅くなるというデメリットがありますが、返済額が一定なので、返済計画が立てやすく安心感があるというメリットがあります。また元金均等返済とは、元金を毎月均等にし、それに対して利息を乗せていく形になります。ですので、当初の返済額は元利均等に比べ負担が大きくなりますが、その分元金も着実に減っていくので、徐々に負担は軽くなっていきます。元金の減少するペースは元利金等に比べ速いので、総額で見た場合支払い金額は少なくなります。一般的なのは元利均等返済で、元金均等返済は取り扱っていない銀行もあります。

住宅購入前の無料相談予約・物件探しサポート予約