住宅購入に関するよくある質問‐回答

物件探しの前に関するよくある質問

中古マンションを購入する際の借入可能年数は?

戸建や新築マンションと違い、中古マンションを購入してローンを組む際は、銀行によって借入年数が制限される場合があります。 戸建等は通常、80歳完済で最長35年までローンを組むことができますが、中古マンションに関しては、築年数によって借入可能期間が変わってくることがあります。 完済する時に築50年を超えないこと、銀行によっては60年や65年を超えないこと等の決まりがあります。 ですので、築50年を超えてはいけない銀行の借入可能期間は(50−築年数)年となります。新築等と同様、最長でも35年となります。 また銀行によっては、中古マンションでも築年数の決まりはなく、35年間借りられるところもあるので、事前に確認が必要でしょう。

住宅購入前の無料相談予約・物件探しサポート予約