住宅購入に関するよくある質問‐回答

物件探しの前に関するよくある質問

中古住宅購入を考えていますが注意するポイントを教えて欲しい。

新築住宅との大きな違いは瑕疵担保責任期間です。新築の場合は10年が義務づけられていますが、中古の場合は売主が個人か業者によって違います。 引渡しを受けた後、万一瑕疵が見つかった場合、個人が売主だった時は通常2〜3ヶ月、業者が売主だった時は2年間責任期間があり、建物の欠陥を修復する義務があります。 当然、その期間が経過した後に見つかった場合は、買主負担で修復することになります。 売主が個人の場合は瑕疵担保責任が免責ということがあり、その場合買主が全てのリスクを負うことになります。

住宅購入前の無料相談予約・物件探しサポート予約